Loading

Samurai history 侍の歴史

言霊の国、日本。

・・・不吉な言葉を口にすると、それが現実になってしまうからと、あえて言挙げをする事を控えてきた国・・・日本。

そんな我が国で、職業・軍人である侍とは、一体いつ頃から存在をしたものなのでしょうか。

そしてその精神性は一体、どのように高められていったのでしょうか。

国があり、自分の国を、そして生きる権利を守るために存在した、たくさんの侍たち。

 

侍の歴史を辿り、その文化はどのようにして発展をしていったのか。

侍が一番大事にしていたものは一体、何であったのか。

そして時代の移り変わりが、持てる得物も姿形を変えていきます。

輸入物であった諸刃の刀剣が、自国生産の片刃のものになり、使われていた薙刀が槍に変り、鉄炮が伝来・・・。

世の中が刻々と変っていくにつれて、侍の存在する意義もまた、変ります。

 

なんとなく抽象的で、ぼんやりとしたイメージでもある、たくさんの時代の侍達。

このセミナーでは、参加者の皆さんの質問やご希望に合わせながら、お話をさせて戴きます。

 

侍の歴史セミナーに少しでも興味を持たれた方は、下記のフォームより気軽にお問合せください。

 

PAGE TOP